Ok
    News
    Header_desktop_heritage_collection_680x860

    ヘリテージ コレクション

    メゾンは10年以上もの時間をかけ、世界中のヴィンテージ ジュエリー蒐集家から、1920年代から80年代に制作されたヴァン クリーフ&アーペルの作品を譲り受けてきました。極めて貴重な作品も含む、これら数百ものコレクションは、時代とともに歩んできたヴァン クリーフ&アーペルのスタイルを物語るものです。作品はメゾンのアーカイブで検証され、証明書とともに保管されています。

    • ネックレス&イヤリング

    ハイライト オン ザ リュバン クリップ、1941年

    1940年代、メゾンを魅了したのはクチュールの世界。波打つような布地や手の込んだ布縁の装飾など、インスピレーションの多くをテキスタイルのモチーフに求めるようになり、それらはゴールドを用いて精緻に表現されました。1941年に制作されたこのクリップは、リボンの切れ端を思わせるもの。先端でカールを描くイエローゴールドの幅広いリボンをバゲットカット サファイアが縁取り、さらにダイヤモンドが外側を飾ります。この作品はふたつのクリップに分けることができ、ジャケットやバッグ、帽子、靴を飾ったり、髪飾りとして身に着けたり、さまざまな装いが楽しめます。

    この個性的なクリップの所有者には、ヴァン クリーフ&アーペルを愛した顧客のひとり、バーバラ・ハットン(1912~1979年)の名もありました。

    詳しくはこちら

    • Barbara-Hutton_V2