ジュエリー アルハンブラ

1968年にヴァン クリーフ&アーペルが制作した四つ葉のクローバーに着想を得たアルハンブラ コレクションは、時を超える幸運のシンボルとして比類ない地位を築いてきました。メゾンの創造性と職人技が駆使されたこのジュエリーは、そのシンプルなラインやゴールドビーズの縁取り、そして多彩な天然素材によって幾通りもの表情を見せ、永遠に色あせない輝きを放ちます。

メゾンが追求する水準を維持するために、作品に用いられるハードストーンは最高級の素材の中から選ばれます。カルセドニーは柔らかなグレーブルーの色味、アゲートは深みのある均一な色味を活かし、それぞれを丹念に研磨することでさらにその魅力を高めます。

ギヨシェ彫刻を施したイエローゴールドの作品では、繊細な線が絡みあい、まばゆいばかりの反射光で目を惹きつけます。奥行きある縞模様と太陽の形のパターンが表面にレリーフ効果をもたらし、光がめぐるような強い輝きを生み出します。

ヴァン クリーフ&アーペルが誇る卓越性の伝統を受け継ぐアルハンブラ コレクションには、ハイジュエリーメゾンが培ってきたあらゆるサヴォアフェール(匠の技)が反映されています。宝石カット職人、宝石細工職人、セッティング職人、研磨職人がさまざまな技を駆使して、ひとつの作品を作り上げています。

カテゴリー