企業の社会的責任に関するポリシー

1906年に創設されたヴァン クリーフ&アーペルは、創造、伝達、専門知識の価値を基盤としたハイジュエリーメゾンです。ジュエリーとタイムピースは いずれもメゾンの遺産にインスパイアされたものであり、世界的、文化的な背景を伴うタイムレスなストーリーを伝え、ポジティブで詩的な人生のビジョン を表現しています。

 

自然環境への尊敬の念、従業員とコミュニティーの幸福は、メゾンの文化の一部です。このポリシーは、お客様、従業員、株主、サプライチェーン パートナー、市民社会全体に関わる企業の社会的責任(CSR)へのヴァン クリーフ&アーペルの取り組みを説明するものです。

 

メゾンは、ビジネス、社会、環境において持続可能な未来を作ることに全力を尽くします。CSRの中でメゾンのサヴォアフェールを共有し、ステーク ホルダーと連携することで、私たち全員が持続可能な開発に貢献できるよう努めます。

 

ヴァン クリーフ&アーペルは、その活動を展開する上で、循環型経済コンセプトをサポートします。可能な限り、直線型の“取得、生産、廃棄”という システムを避け、革新的な循環モデルをサポートするものです。製品、部品、素材を最大限に有効活用することを目指し、常に価値あるものとして、 無駄をなくします。

 

責任ある宝飾のための評議会(RJC)のメンバーとしてヴァン クリーフ&アーペルは、RJC実施規範にしっかりと遵守し、ダイヤモンド、ゴールド、プラチナ グループのメタルサプライチェーンにおけるRJCの理念を奨励しています。リシュモングループに属するメゾンとして、ヴァン クリーフ&アーペルは、 ビジネス活動を行う際に高い基準の誠実性と品位を維持し、リシュモンのビジネス行動基準に従って、確実にステークホルダーを尊重します。

 

メゾンは、雇用する人々の権利を尊重することを基本に、世界人権宣言と労働における基本的原則および権利に関するILO宣言に従って、協力的にビジネス を運営しています。人権への影響を対処し、監視し、軽減するため、ヴァン クリーフ&アーペルは、国連のビジネスと人権に関する指導原則を順守しています。 メゾンは、全ての関係法及び規則を順守します。最後に、メゾンは、定期的にCSRポリシーとその実績を監視し、継続的に改善するための手段を取り入れます。

 

責任ある企業

 

ヴァン クリーフ&アーペルでは、強い価値とチームワークのある文化を通して、安全、健康、公平、かつ活気ある労働環境を提供します。健康と安全の指導 理念は、メゾンの「Environment, Health and Safety Policy(環境、健康および安全に関するポリシー)」に記載されています。メゾンは、チームメンバーに開発の 機会、ビジネス管理を行うスキルを提供します。多様性を大切にし、採用、雇用、開発、従業員維持において機会均等を奨励します。

 

責任ある資源調達

 

ヴァン クリーフ&アーペルは、その原材料の調達に責任を持つことに努め、倫理的ビジネス規範、人権、労働権、環境に敬意を表しています。また、メゾンは、 サプライヤーに対しても、リシュモンのサプライヤー行動規範を順守し、こうした指導理念で彼らの事業活動のコンプライアンスを保証してもらうよう求めています。 さらには、サプライヤーのコントラクターやベンダーのビジネスポリシーや規範にこうした理念を取り込んでもらうよう奨励しています。ヴァン クリーフ&アーペル は、産業組織やビジネスパートナーと引き続き協力して、完全なバリューチェーンにわたって最良なプラクティスを奨励し、長期規模での原料の持続可能性に対 するソリューションに取り組みます。

 

環境的な責任

 

ヴァン クリーフ&アーペルは、引き続き、影響を少なくするために環境管理の改善を模索し、革新的なソリューションを見つけることを重要視します。 これらは、循環型経済を奨励するものです。ビジネス成長に伴う炭素排出をなくし、炭素に対する内部価格を設定することで、低炭素な未来の原則を サポートします。

 

コミュニティー投資

 

メゾンは、創造、伝達、専門知識の価値を共有することで、社会の幅広い範囲を許容し、そのポジティブな人生のビジョンに関与します。 ヴァン クリーフ&アーペルは、文化、芸術、遺産、教育、環境といった分野におけるコミュニティー投資活動に貢献することで、社会に対してポジティブな 影響を与えられるよう努めています。

 

 

貴金属およびプレシャスストーンの調達ポリシー

1. 当社は、人権を尊重し、紛争の資金に貢献することを避け、関連するすべての国際連合の制裁、決議、および法律を遵守することを約束します。

 

2. 当社は次のことを約束します:

a. 世界人権宣言および国際労働機関の労働における基本的原則及び権利を尊重すること。

b. 賄賂、汚職、マネーロンダリングまたはテロ資金供与に関与またはこれらを容認しないこと。

c. 政府の支出の透明性および採掘産業における権利に合致した治安部隊を支援すること。

d. 違法な武装集団に直接的または間接的な支援を提供しないこと。

e. 利害関係者がサプライチェーンについて懸念を表明できるようにすること。

 

さらに、紛争の影響を受けた地域やハイリスク地域からの鉱物の責任あるサプライチェーンに対するリスクベースのデューデリジェンスの管理プロセスとして、OECDの5ステップのフレームワークを実装しています。

 

3. また、他者による悪用を防ぐために自分たちの影響力を利用することを約束します。

 

4. 金、ダイヤモンド、およびカラージェムストーンの産出、輸送、または取引に関連する深刻な悪用に関して、当社は以下の行為を容認または利益を得る、貢献する、支援する、または促進することはありません:

a. 苦痛を与えること、残酷で非人道的な品位を傷つける扱いをすること。

b. 強制的に労働させること。

c. 劣悪な形態で児童を労働させること。

d. 人権を侵害したり、虐待すること。

e. 戦争犯罪、国際人道法違反、人道に対する罪または大量虐殺。

 

5. 上流のサプライヤーが4に記載されている虐待を犯している、またはこれらの虐待を犯している当事者から調達している、またはそれらに関係している合理的なリスクを発見した場合、当社は直ちに上流のサプライヤーとの取引を停止します。

 

6. 非国家武装集団への直接的または間接的な支援について:

当社はキンバリー プロセス認証スキームに完全に準拠したダイヤモンドのみを販売または購入します。そのため、ダイヤモンドの調達、支払いなどによって、非国家武装グループまたは違法な武装集団への直接的または間接的なサポートは容認されません:

a. 鉱山サイト、輸送ルート、ダイヤモンドが取引される場所、およびサプライチェーンの上流の関係者を管理すること。

b. 鉱山サイト、輸送ルート、またはダイヤモンドが取引される場所で、あるいは仲介業者、輸出会社、または国際的なトレーダーから、税金または恐喝金または強奪されたダイヤモンドを取り扱うこと。

 

7. 第6章に記載されているように、非国家武装グループに直接的または間接的な支援を提供する当事者から調達している、または関連している合理的なリスクを発見した場合、当社は上流のサプライヤーとの取引を直ちに停止します。

 

8. 公的または民間の治安部隊について:

当社は、公的または私的な治安部隊の役割は、人権を保証する法律を含む法の支配の下で、労働者、施設、設備および財産に安全を提供することであると考えています。第4章に記載されている虐待を行ったり、第6章に記載されているように違法に行動したりする公的または民間の治安部隊に対して、直接的または間接的なサポートは提供しません。

 

9. 金、ダイヤモンド、カラージェムストーンの産出元に関する贈収賄および詐欺的な不実表示について:

当社は賄賂を提供、約束、贈与、要求することはなく、金、ダイヤモンド、カラージェムストーンの産出元を隠したり、偽装するための賄賂の要求を拒否します。また、金、ダイヤモンド、カラージェムストーンの産出、取引、取り扱い、輸送、および輸出の目的で政府に支払われる税金、手数料、およびロイヤルティを偽って伝えることも拒否します。

 

10.マネーロンダリングについて:

当社は、金、ダイヤモンド、カラージェムストーンの産出、取引、取り扱い、輸送、または輸出に起因する、またはそれらに関連する合理的なリスクを特定するマネーロンダリングを排除する取り組みを支援し、貢献します。

何かお困りですか?

ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

LINEでお問い合わせ

来店のご予約

{phone}

{weekdays}

{weekends}