1960年代を通し、メゾンはグレース・ケリー妃殿下やバーバラ・ハットン、ファラ・パーレヴィ皇后など、世界的に著名な人々から一点もののスペシャル オーダーを承ります。1968年、メゾンが発表したアルハンブラ ロングネックレスは、ジュエリー史に輝くアイコンとなりました。

1967

ジョージ・バランシンのバレエ「ジュエルズ」ニューヨークで発表

クロード・アーペルと、ニューヨーク シティ バレエの共同創設者であり著名な振付家のジョージ・バランシンが出会い、この年の4月に貴石への情熱あふれる新作バレエが誕生しました。3幕それぞれ、「エメラルド」にはガブリエル・フォーレ、「ルビー」にはストラヴィンスキー、「ダイヤモンド」にはチャイコフスキーの曲が与えられました。

1967

ファラ・パーレヴィ皇后の戴冠式の王冠の制作

イランのファラ・パーレヴィ皇后の戴冠式のために、メゾンは皇后の王冠、ネックレス、イヤリングに加え、王族が着用するジュエリーも制作しました。

1967

マリア・カラスが愛した5枚の葉のクリップ 

世界的なソプラノ歌手マリア・カラスが所有したヴァン クリーフ&アーペルのコレクション。そのひとつに、計15.77カラットのビルマ産ルビー6石とダイヤモンドをあしらった5枚の葉クリップがあります。

1968

初めてのアルハンブラ ロングネックレスの制作

その後のメゾンを代表する幸運のアイコン、アルハンブラ コレクションがこの年に誕生しました。四つ葉のクローバーに着想を得た、優美で洗練されたフォルムを持つ特別なモチーフは、ハードストーンやマザーオブパール、ダイヤモンドなど、幅広い天然素材を用いて発展していきます。