Ok

    ヴァン クリーフ&アーペルの宝石


    クリソプレーズ

    戻る

    リソプレーズは極めて希少なストーンです。幅広いグリーンのシェードをもち、それぞれの色合いに魅力的な特徴があります。少量のニッケルを含有するカルセドニーの一種であり、半透明のものから不透明なものまでさまざまに揃います。

    「クリソプレーズ」という言葉は、ギリシャ語で「ゴールド」を意味するクリソと、「リーキ(ネギ科の植物)」を意味するプラソンに由来します。一般的にヨーロッパ、ロシア、アメリカ、ブラジルで産出されますが、ヴァン クリーフ&アーペルが用いるものの多くはアップルグリーンの色調をもつオーストラリアとアフリカ産です。組み合わせたときに調和を奏でるよう、色合いが均一な石を選別しています。

    メゾンのストーン エキスパートは、いつでも最も輝かしく、生き生きと色鮮やかな石を選びだします。明るくやわらかな色合いから深く強い色合いまで、それぞれのストーンの輝きが生きる、最も美しい色の原石を選んでいます。微細な結晶構造をもつクリソプレーズを、完璧に研磨するのは容易ではありません。ヴァン クリーフ&アーペルは常に優れた研磨技術を追求しています。

    20種以上ものクリソプレーズのカラーバリエーションを用いたジュエリーは、ヴァン クリーフ&アーペル以外に見ることができません。各ストーンは、ひとつひとつのジュエリーに唯一無二の美しいさを与える大切なエレメントとして、細心の注意を払って組み合わされていきます。

    女性らしさを讃える石、
    クリソプレーズ

    クリソプレーズ - Van Cleef & Arpels
    クリソプレーズ - Van Cleef & Arpels

    レキサンダー大王やプロイセンのフリードリヒ2世が身に着けていたという伝説をもち、最も古くから人類に知られた宝石のひとつとされます。

    クリソプレーズのお手入れ:

    ダメージや傷から守るために、クリソプレーズのジュエリーは布張りのボックスに入れ、他のジュエリーとは分けて保管することをお勧めします。また、ニッケルを含有していることから、クリソプレーズは日光に当たり過ぎると褪色する可能性があります。

    こちらもお勧め オニキス

    戻る