Ok

ホーム > la-maison > 時を越えて > 歴史的な作品 >エジプトにインスパイアされたジュエリー

    歴史的な作品


    エジプトにインスパイアされたジュエリー

    戻る

    古代エジプトの芸術にインスパイアされたジュエリーは、1920年代に大流行しました。1922年から1925年にかけて、ヴァン クリーフ&アーペルがエジプト風ジュエリーを創造したのは、そのような時勢を受けてのことでした。このブームは、1922年のカーナヴォン卿の支援を受けた考古学者ハワード・カーターによるツタンカーメンの墓の発見に対する高い関心を反映しています。

    これらの卓越したジュエリーには、神に捧げ物をするシーンや、スカラベ、スフィンクス、アンフォラ、雄牛、ダチョウの羽根、ハスの花、蜂など、古代エジプトの図像が装飾として用いられています。また、貴重なバフトップ エメラルド、サファイア、ルビー、パヴェ ダイヤモンド、大きさを揃えたオニキス ストーンがセッティングされています。

    オニキス、ルビー、
    ダイヤモンドでエジプトの
    神話を描写します

    ヴァン クリーフ&アーペルによる、エジプトにインスパイアされた作品 - Van Cleef & Arpels
    ヴァン クリーフ&アーペルによる、エジプトにインスパイアされた作品

    これらのユニークなエジプト風ジュエリーは、鑑定家やコレクターが熱望する作品です。エジプト風デザインのリバイバルは、輝く色彩と大胆なコントラストというアール・デコ独特の美的感覚に沿って巻き起こりました。

    ヴァン クリーフ&アーペルでは、オニキス、ルビー、ダイヤモンドを好んで用い、エジプトの神話を表現。これらのバンドブレスレットとブローチは、歴史に即して忠実に再現されたものではなく、魅惑的なエジプトのミステリーにオマージュを捧げるものです。

    こちらもお勧め エジプトのファウジア王女のセット

    戻る