ヒストリー

物語のはじまり

アルフレッド・ヴァン クリーフとエステル・アーペルの結婚をきっかけに、1906年パリにてメゾンが誕生。宝石に包まれた、輝く未来がはじまりました。 

1895

パリにて、アルフレッドとエステルが結婚

1895年のパリ。宝石商の娘、エステル・アーペルとダイヤモンド商かつ宝石細工職人の息子、アルフレッド・ヴァン クリーフが結婚。ふたりは家族への愛、革新する勇気、宝石への情熱という、同じ価値観で結ばれていました。 

1906

ヴァンドーム広場にヴァン クリーフ&アーペルを創立

アルフレッド・ヴァン クリーフは、エステルの兄とともに、パリの洗練を語るヴァンドーム広場22番地に最初のブティックを開きます。その伝説のアドレスには、現在まで変わらずメゾンの本店が存在しています。

1906

ヴァルナボートの制作

メゾンが受けた最初のスペシャルオーダーは、ヴァルナボートの模型。ユニークで貴重なこのオブジェには、執事を呼び出すための電気式のベルがついています。

1916

「タッチウッド」ジュエリーの制作

「木に触れると幸運が訪れる」西欧の言い伝えをもとに、メゾンは樹木や貴重な素材を用いた「タッチウッド」ジュエリーを発表。

 

1918

シャトレーヌ ウォッチが流行