ロサンゼルス、ワシントン、パリ、東京。世界各地でメゾンは回顧展を行ない、賞賛を受けます。1996年、ヴァンドーム広場の本店を改装し、サロンをオープンしました。

1990

六角形のミステリーセットとダイヤモンドのミステリーセット

メゾンは新たに2つのミステリーセット技法に関する特許を取得しました。六角形に石をカットする技法と、ダイヤモンドを用いる技法です。

1992

パリのガリエラ宮殿で初の展覧会

パリ、ガリエラ宮殿のモード服飾博物館で、その後の伝統となるヴァン クリーフ&アーペルの回顧展が開催されました。メゾンはこれを記念し、ガリエラと名付けたミステリーセット アンサンブルを制作します。ひとつひとつ細心の注意を払ってカットした1,717石ものルビーを用いたものです。

1998

ガリレークロックの制作

ヴァン クリーフ&アーペルは1920年代の作品から着想を得て、ガリレー ミステリークロックを創作しました。外からは見えないメカニズムで時刻を伝え、ダイヤモンドをまとった熊が文字盤の周りを回転します。