ニュースルーム

メンズ リング イヴ・ガストゥ コレクション 

2021/12/19

2022年1月14日から3月13日まで、ヴァン クリーフ&アーペルが支援するジュエリーと宝飾芸術の学校「レコール」は、イヴ・ガストゥ氏がコレクションしていたメンズ リングの数々を展示します。本展ではおよそ400点ものリングが一堂に会します。

 

イヴ・ガストゥ氏の名は、1980年代半ばに彼がパリのボナパルト通りに開いたギャラリーが、瞬く間にサンジェルマン・デ・プレ地区を代表する有名スポットとなったことによって広く知られるようになります。先駆的なアンティークディーラーだったガストゥ氏は、1940年代から1970年代のフランスやイタリアの家具と、ソットサス、メンディーニ、倉俣史朗などの1980年代のデザインを象徴する作品を同時にギャラリーに並べた最初の世代でした。 

 

展示されるリングのセレクションはそれぞれ、コレクションを特徴づけ、その多様性を示す5つのテーマ〈歴史/ゴシック/キリスト教神秘主義/ヴァニタス(空虚)/幅広いコレクション〉を代表するものです。本展は、これまで秘密にされてきた隠れ家でのガストゥ氏の仕事ぶりを明らかにする逸話、アートに捧げた人生やオブジェへの深い愛のストーリーを語ることをまさにその目的としています。