スタイル

ヴァン クリーフ&アーペルのスタイル

ヴァン クリーフ&アーペルは1906年より、創造性、文化、そして詩情を豊かに融合させた、誰でもそれとわかる洗練されたスタイルを追求し続けています。メゾンは、ジュエリーと時計製造におけるサヴォアフェールを驚くほどに繊細な世界へ投じ、そこではこの上なく高貴な素材や貴石たちが生命を宿します。

動きとアシンメトリー
ボリュームと立体感を巧みに組み合わせて、ヴァン クリーフ&アーペルが軽やかさと動きをそれぞれのクリエーションの中に吹き込みます。一方、形の非対称性は、花の生命力、バレリーナの気品、あるいは素材の流れるようなエレガンスと呼応した静かな動力を作品の中に宿します。

ディテールへの追求

ヴァン クリーフ&アーペルはその作品のどんな細かな部分にも細心の注意を払っています。接続部は柔軟性を求め、肌にやさしく接するよう設計され、クラスプやアタッチメントのシステムは巧みに隠されています。そして、秘密のモチーフや詩的なシーンのようなエレガントなディテールが、作品の裏側に隠されているといった意外な装飾もあります。

変容
ヴァン クリーフ&アーペルはその創業以来、形を変えるジュエリーを実現するための技術的な創意と情熱を育んでいます。1938年のパス パルトゥーや1950年のジップネックレスのようなクリエーションが、そうしたメゾンの情熱を明確に証明しています。ネックレスは広げることも、あるいは短くしてブレスレットやベルトとしても使えることができ、取り外し可能なクリップが添えられています。一方時計は、隠された文字盤の存在をこっそりと明かします。

素材の融合
メゾンはいつの時代にも石の美を高めたいと願ってきました。貴石、ハードストーン、さらにはマザーオブパールのような高級素材が、光の戯れと色彩の弾けるような融合を通じて、輝きに満ちた新しい調和を生み出します。

  • ジャスミン ソリティア、プラチナ、イエローゴールド、ラウンド&マーキスカット ダイヤモンド、4.22カラットのエメラルドカット エメラルド1石、エンゲージメント コレクション、ヴァン クリーフ&アーペル

    ジャスミン ソリティア、プラチナ、イエローゴールド、ラウンド&マーキスカット ダイヤモンド、4.22カラットのエメラルドカット エメラルド1石

感動を求めて
ヴァン クリーフ&アーペルにとって、感情を呼び覚ます力の探求は創造プロセスの核心にあります。素材の選択とそれぞれの要素の美しさが、目が眩むほど美しい外観の形成に貢献します。 どのクリエーションもメゾンがずっと大切にしてきたインスピレーションの源から着想を得て生まれ、人生や世界の詩的なヴィジョンを反映させています。