クリエーション

バローダのマハラジャ王妃/シーター・デーヴィ妃殿下のパリュールとエメラルドの財宝

創業当初から、ヴァン クリーフ&アーペルの顧客には、パリのハイジュエリーに熱い想いを寄せるマハラジャやマハラニが含まれていました。こうした王室の得意客の中で最も贅を極めた人物が、1943年にバローダのマハラジャの2番目の妻となったシーター・デーヴィ妃殿下であることは誰もが認めるところです。

1917年にインドで生まれたシーター・デーヴィ妃殿下は、特に高級品を好み、ジュエリーに強い情熱を燃やしたことから「インドのウォリス・シンプソン」と呼ばれていました。彼女は300点以上のジュエリーや貴重なオブジェの壮大なコレクションを集め、伝統的なアンサンブルをより現代的な作品へと変容させることを明らかに好んでいました。旅をこよなく愛した彼女は、パリのオテル・リッツの常連で、フランスに永住する前はスイートルームとヴァン クリーフ&アーペルのブティックとの間を足繁く行き来し、世界各国の上流階級の人々が顔をそろえる社交界にも頻繁に足を運んでいました。

1950年代には、バローダのマハラニであるシーター・デーヴィ妃殿下とジャック・アーペルが二人だけで話し合いを繰り返し、それが多くのスペシャル オーダーにつながりました。1950年にシーター・デーヴィ妃殿下に依頼されたヒンドゥー教のネックレスもその一つです。バローダ王室の財宝から特別に選ばれた宝石のみが使用され、13石のコロンビア産ティアドロップ型エメラルドはトータルで150カラットを超えます。これは、エメラルドとダイヤモンドをセットしたフローラル ガーランド チョーカーの中央に咲く蓮の花を描いた作品です。動きを伝えるために作られた葉と花びらが、自然の生命力に敬意を表しています。