素材

ローズゴールド

1920年代、ローズゴールドは、優しい感情をもたらす繊細な色調で流行しました。ヴァン クリーフ&アーペルでは、最初にペルレ コレクション、そしてチャーム ウォッチ コレクションでこの高貴なゴールドが用いられています。

精緻に研磨が施されると、生命を帯びたかのように輝きを増し、クリエーション

に光の煌きを与えます。 

赤みを帯びた色がその美を際立たせるローズゴールド。精緻に研磨が施されると、生命を帯びたかのように輝きを増し、クリエーションに光の煌きを与えます。

メゾンは、ローズゴールドの美と色、そしてその輝きを長く維持できるよう、特別に生み出された合金を使用しています。1000分率で750、そして18Kとして知られるこの合金は、ゴールドと銅で構成され、この銅によりピンクの色調が与えられます。ゴールドによる製品にはどれもワシの頭の刻印が刻まれ、その純度を証明しています。

  • ジュエリーワーク、ピンク&モーヴサファイアのセッティング準備、イナモラート ブレスレット、ヴァン クリーフ&アーペル

    ジュエリーワーク、ピンク&モーヴサファイアのセッティング準備、イナモラート ブレスレット