時計制作

ヴァン クリーフ&アーペルが描く宇宙の詩情

夜空に思いを馳せ、惑星のダンスを捉え、星座を描き、永遠の友となる無数の星を数えて。ヴァン クリーフ&アーペルは宇宙の時の流れとともに人生を送ることを夢見て、メゾンの時計制作のテーマ〈詩情が紡ぎだす時〉に沿った一連の天体に関するタイムピースを制作しています。ミッドナイト イン パリ、レディ アーペル ジュール ニュイ、ミッドナイト プラネタリウム、ゾディアック リュミヌー コレクション。天空の詩情と時を測る技術をひとつにしたこれらの時計は、かけがえのない想いを語り、人生の一瞬一瞬をより豊かなものにしてくれます。

複雑な24時間ムーブメント、驚異のプラネタリウム機構、斬新なオンデマンド ライティング。これらの圧倒的なメカニズムにより、 1920年代からメゾンの創造性を育んできた天空のスペクタクルが文字盤の上によみがえります。

宝石の選別やエナメル細工、ハードストーンのマルケトリ、ゴールドのレリーフ彫刻などの伝統的な宝飾技法と時計制作のサヴォアフェールが融合し、ひとつの時計からまた次の時計へと、夢が形にされていきました。人を空想や思索へ誘う、紛れもないミニアチュール タブロー(細密画)がこうして誕生したのです。