伝説

マリア・カラス:世紀の歌姫

その誰も真似できない歌声で伝説となった、ギリシャ人ソプラノ歌手マリア・カラス。彼女もまた、明確な好みと優れた眼を持つ、情熱的なジュエリーコレクターでした。
真のディーヴァと呼ばれた彼女は、ヴァンドーム広場のヴァン クリーフ&アーペルのブティックを定期的に訪れ、新作を鑑賞し、「5枚の葉のクリップ」(1967年)をはじめとする歴史に残るスペシャルオーダーを依頼しました。プラチナの土台に、計15.77カラットのビルマ産ルビー6石、および16.35カラットものダイヤモンドをあしらったクリップ。
この作品を特に愛したマリア・カラスは多くの場面でこれを身に着け、優美なイブニングドレスの輝きをさらに高めていました。

  • 5枚の葉のクリップのデッサン、1967年、ヴァン クリーフ&アーペル アーカイブス

    オペラ歌手のマリア・カラスが所有していた5枚の葉のクリップのデッサン、1967年、ヴァン クリーフ&アーペル アーカイブス

  • 5枚の葉のクリップ、1967年、プラチナ、ルビー、ダイヤモンド、オペラ歌手マリア・カラスのかつてのコレクションに含まれていたジュエリー、ヴァン クリーフ&アーペル コレクション

    5枚の葉のクリップ、1967年、プラチナ、ルビー、ダイヤモンド、オペラ歌手マリア・カラスのかつてのコレクションに含まれていたジュエリー、ヴァン クリーフ&アーペル コレクション