ラブストーリー

ヴァン クリーフ&アーペルが語る愛の物語

昔々あるところに、愛の物語から生まれたメゾンがありました。ヴァン クリーフ&アーペルの歴史は、宝石商の娘エステル・アーペルが、ダイヤモンド商かつ宝石細工職人の息子であったアルフレッド・ヴァン クリーフと結婚した1895年にまで遡ります。1906年、ふたりはエステルの兄であるシャルルとともに事業を始め、ヴァン クリーフ&アーペルとして最初のブティックを、パリの洗練の象徴として知られるヴァンドーム広場22番地に開きます。その後エステルの兄弟からジュリアン、ルイも加わり、メゾンは発展の一途を辿ります。

以来、メゾンの名の中心にあるアンパサンド〈&〉は、メゾンに携わった人々とそのサヴォアフェールの融合、詩情と技巧をひとつにするシンボルとして、ヴァン クリーフ&アーペルの作品を他にはないものにする永遠の絆となっています。

  • 結婚の日を迎えたエステル・アーペルとアルフレッド・ヴァン クリーフ、1895年、ヴァン クリーフ&アーペル アーカイブス

    結婚の日を迎えたエステル・アーペルとアルフレッド・ヴァン クリーフ、1895年、ヴァン クリーフ&アーペル アーカイブス

メゾンのインスピレーションの源である愛を、創業当初の作品からも感じとることができます。たとえば1906年の取引台帳の最初に記載されたジュエリーピースは、ダイヤモンドのハートでした。その後、ウィンザー公爵夫妻やグレース・ケリーとモナコ大公レーニエ3世の結婚式など、愛にまつわる世界的な出来事が起きるたびに、数多くのメゾンの作品がそれを彩ってきました。ウォッチやハイジュエリー、さらにエンゲージメントリングやマリッジリングのひとつひとつに、人を愛する想いの美しさが強く表現されています。

ヴァン クリーフ&アーペルの時計制作のテーマ、ポエトリー オブ タイム〈詩情が紡ぎだす時〉。ここには夢や情熱、そして愛によって独自のリズムを刻む、メゾンの時計に対するヴィジョンが息づいています。この精神を見事に表現したウォッチ コレクション「ポン デ ザムルー」は、橋の上で一瞬だけキスを交わすために時間をかけて歩み寄る恋人たちを描くことで、愛がもたらす感動の瞬間を形にしています。

ウィッシュリスト レディ アーペル ポン デ ザムルー ウォッチ

レディ アーペル ポン デ ザムルー ウォッチ ホワイトゴールド, ダイヤモンド ¥16,500,000

伝説の恋人たちの物語を描いた「イストワール ダムール」ハイジュエリーウォッチも、愛のテーマに共鳴したものです。アイーダとラダメス、ユリシーズとペネロペ、トリスタンとイゾルデ。神話の中に輝くこれら3組のカップルへ捧げられています。まばゆい貴石の中に文字盤を巧みに隠し、メゾンが得意とする秘密や謎めいた仕掛けをさらに洗練させました。思わず惹きつけられる不思議な力と美しさを持ち、そのすべてが不変の愛を称えている時計です。

2019年、ヴァン クリーフ&アーペルはウィリアム・シェイクスピアの傑作戯曲「ロミオとジュリエット」を新たに解釈したハイジュエリー コレクションを発表しました。運命に殉じた恋人たちの永遠の情熱に着想を得て、まばゆい作品を通して愛の言葉と宝石の言葉をひとつにしています。