クリエーション

〈パピヨン ラケ〉メタモルフォーゼを続ける、日本の伝統

1906年にフランスで創業したヴァン クリーフ&アーペルが、1973年に日本に進出してから半世紀。これまでもメゾンは、日本の文化芸術と特別なつながりを築いてきました。そして、これからもフランスの装飾芸術と日本古来の芸術的技巧との対話を続けていきます。

 

2004年、メゾンの大切なモチーフであるパピヨン(蝶)が、新しい解釈のもとパピヨンラケというクリップとして発表されました。これを機に、20年にわたりヴァン クリーフ&アーペルがコラボレーションをしてきた作家が、箱瀬淳一氏です。箱瀬氏は、石川県輪島市を拠点に、同地に続く伝統工芸である輪島塗を継承しつつ、蒔絵や螺鈿も取り入れた独自の漆表現を追求し続ける漆芸作家。

 

氏のアティテュードは、歴史と伝統を革新的に表現するメゾンと呼応し合います。こうして、メゾンのヘリテージと日本の伝統が出会うことによって、パピヨンは新たに現代のジュエリーとして生まれ変わりました。

 

1月1日に日本を襲った地震において、箱瀬氏自身や彼の大切な方々に被害はありませんでした。しかし、箱瀬氏の工房は甚大な被害を受けました。それ以来、メゾンは箱瀬氏やそのチームと常に連絡を取り合い、復興への活動を支援しています。

 

「私たちは、過去20年にわたり箱瀬淳一氏とともに仕事ができたことを光栄に思います」とヴァン クリーフ&アーペル プレジデント兼CEOの二コラ・ボスは語ります。「サヴォアフェールの保護に取り組むメゾンとして、私たちは箱瀬氏を全面的に支援します」

一つのパピヨンの中で、二つの文化が融合する

ヴァン クリーフ&アーペルと日本の伝統文化のコラボレーションの中でも、パピヨンラケは特別だと言えます。なぜなら、メゾンのゴールドとマザーオブパール、ダイヤモンドから成るパピヨンの上に、箱瀬氏が直接手作業で漆や蒔絵を施していくからです。マザーオブパールが敷かれた蝶の羽の部分には、漆塗から加飾(蒔絵、螺鈿、卵殻など)まで何重もの工程によって一点一点異なる図柄が描かれ、パピヨンラケが完成します。

 

20年という長い期間を通じて、パピヨンラケは変化し続けてきました。箱瀬氏はこう語っています。「ヨーロッパの文化は違うことを実感しました。彼らは足し算したい。一方、日本は省く感覚がはじめからある。日本の隠す文化と、フランスの見せたい文化との折衝は、デザインの変化に現れています。日本の文化もいいけれど、彼らの文化を理解して疎通を図ったものにしていきたいと思います。」

物語を生み出すジュエリー

これまでにデザインされた図柄は46類に及び、そのすべてを箱瀬氏が手がけています。一貫するのが、「日本のものを描く」こと。初期は伝統的な文様などが中心でしたが、近年は、現代的な建造物が並ぶ様子といった具体的な風景を描くことも。そこには、作品が有する「物語」を信念とする箱瀬氏の思いが込められています。「技術など実際の制作過程の物語もあれば、モチーフとデザインの普遍性が語ってくれる物語もある。ジュエリーとはそうであるべきだし、ヴァン クリーフ&アーペルのジュエリーにもそれを感じます」(箱瀬氏)。

 

例えば、「まち」をモチーフにした作品からヨーロッパの街並みを、北陸の伝統的な雪吊りの光景を描いたものからクリスマスを連想するかもしれません。地色の違いや当たる光によって表情を変える漆のように、受け取る人によってさまざまに解釈できるモチーフは、新たな物語を生み出す、異なる文化の架け橋となっています。

    パピヨンラケ ヴァン クリーフ&アーペル。
    パピヨンラケ ヴァン クリーフ&アーペル。

生き生きとした表現を叶える、卓越した技術

創業時から豊かな自然にインスピレーションを得て、フローラ(植物)とファウナ(動物)のある生物を表現してきたヴァン クリーフ&アーペル。なかでも、魔法のようにメタモルフォーゼする蝶は大切なモチーフです。

 

この生命感を表現するには、卓越した技術が必要です。特筆すべきは、極細の筆で一息に描く「線」。箱瀬氏自身も他の人には描けないだろうと自負します。「鼓と鞠を描いた時は苦労しました。線がピンと張っている状態じゃないといけない、生き生きとしてこない。線を引くというより引っ張るような感じ。筆をグーッと引っ張った結果、求めている線が生まれるのです。」

 

また、ウズラの卵殻を細かく砕いて描く工程では、破片の大小を巧みに組み合わせて図柄に貼っていきます。箱瀬氏が手がけてきた作品の中でも特に小さいというパピヨンラケには、動的な生命力を湛えた面を可能にする高度な技術が、ふんだんに使われています。

異なる文化が、伝統を刺激する

ジュエリーと漆芸という両者に共通するのは、「実際に使えるものをつくる」こと。身に付けることで輝きを増すジュエリーと同様、漆芸も使ってこそ美しさが引き立つものです。ただ、現代を生きる人々に使ってもらうためには、今の時代感覚が欠かせません。箱瀬氏は、「伝統技術を用い、伝統的な文様を描いたとしても、今のもの、これからのものを作りたい。それが伝統を継承するということ」と言います。氏にとって初のジュエリーとなったパピヨンラケは、異国の文化が日本の伝統に刺激を与え、新たな一面の探求を促す、稀有な機会と言えます。

 

日本の輪島というひとつの地域がフランスとつながり、今やパピヨンラケは世界に羽ばたいています。そして、これからもメタモルフォーゼを重ねて、互いの伝統を刺激し合っていくことでしょう。

箱瀬淳一(はこせ・じゅんいち)パピヨンラケ ヴァン クリーフ&アーペル。

箱瀬淳一(はこせ・じゅんいち)

石川県輪島市出身の日本の漆芸家。1975年、蒔絵氏田中将氏に師事。5年間の修行ののち独立。塗と蒔絵、螺鈿を使いこなし、自分の感性をもとにした現代の漆表現を極める。伝統的な漆芸を展開するだけでなく、ラグジュアリーブランドなどとのコラボレーションも積極的に行い、世界的な注目を集めている。