ダンス

ジェムズ、バンジャマン・ミルピエとのバレエのコラボレーション

創業以来ヴァン クリーフ&アーペルは、メゾンの大切なインスピレーションの源であるダンスの世界と親密な関係を築き上げてきました。クロード・アーペルとジョージ・バランシンの間に生まれた芸術的感性の共鳴が、バレエ「ジュエルズ」を誕生させたのは1967年のこと。これは時を経て2012年、振付家バンジャマン・ミルピエとメゾンの新たなコラボレーションに発展しました。ミルピエは、ニューヨーク シティ バレエ団の元ダンサーであり、L.A. ダンスプロジェクトの創始者でもあります。

フランス人のダンサーであり著名な振付家であるミルピエとメゾンのコラボレーションにより生まれた作品が、バレエ三部作「ジェムズ」です。その第1作目の「リフレクションズ」(2013年)では、デヴィッド・ラングがこの作品のために特別に音楽を作曲し、アメリカ人アーティストのバーバラ・クルーガーが舞台装置と衣装をデザインしました。2014年に発表された第2作目「ハーツ&アローズ」では、リアム・ギリックが舞台美術を、フィリップ・グラスが音楽を担当しました。そして2016年、三部作の最終章「オン ジ アザー サイド」が発表され、音楽は前回同様フィリップ・グラス、そして衣装と舞台美術はそれぞれアレッサンドロ・サルトーリ、アメリカ人アーティストのマーク・ブラッドフォードが手がけました。

  • バンジャマン・ミルピエ、ヴァン クリーフ&アーペル

    バンジャマン・ミルピエ、クレジット:Morgan Lugo