スタイル

エジプトに着想を得たジュエリー

1922年、ハワード・カーターがツタンカーメン王の墓を発見したことで、世界中に古代エジプトへの情熱が広がりました。この歴史的な出来事と、それにより明らかとなった古代文明の豊かさに刺激され、ヴァン クリーフ&アーペルは1922年から1925年にかけて、エジプトから着想を得た多くの作品を生み出します。エジプトのシンボルやイメージは、幾何学的なラインや繰り返されるモチーフ、大胆な対比など、現代的なアールデコのスタイルを用いて描かれています。

  • エジプトに着想を得たブローチ、1925年、プラチナ、エメラルド、ルビー、オニキス、ダイヤモンド、ヴァン クリーフ&アーペル 'コレクション

    エジプトに着想を得たブローチ、1925年、プラチナ、エメラルド、ルビー、オニキス、ダイヤモンド

貢物や象形文字、スフィンクス、アンフォラ、雄牛、オーストリッチの羽、蓮の花などの描写が、それらの作品を美しく装飾しました。エメラルド、サファイア、バフトップを施したルビー、ダイヤモンドなどの貴石が、オニキスなどのハードストーンとともに繊細なモチーフを描いています。

  • エジプトに着想を得たブレスレットのデッサン、1925年頃、ヴァン クリーフ&アーペル アーカイブス

    エジプトに着想を得たブローチのデッサン、1925年頃

  • エジプトに着想を得たブレスレットのデッサン、1925年頃、ヴァン クリーフ&アーペル アーカイブス

    エジプトに着想を得たブレスレットのデッサン、1925年頃

極めて希少で素晴らしいこれらの作品は、現在、ジュエリーの収集家や鑑定家から熱烈に希求されています。