Ok

ホーム > la-maison > メゾンのエスプリ > スタイル >宝石の組み合わせ

    スタイル


    宝石の組み合わせ

    戻る

    「宝石のひとつひとつには、固有の魂が宿っている」とかつてクロード・アーペルはこう語りました。エステル・アーペルの甥であるクロードは、驚きや感動を引き起こす“魂の炎を秘めた”石を探し求めて世界中を旅しました。

    メゾンは創業以来、類稀な宝石にまばゆいばかりの色を組み合わたハイジュエリーコレクションを生み出してきました。1960年代から1970年代にヴァン クリーフ&アーペルがすでに取り入れていた最高品質の宝石や貴石、ハードストーンは、時に融合し、時にコントラストを描きながら、新しいハーモニーを表現するジュエリーを創出します。

    「宝石のひとつひとつには、固有の魂が宿っている」-クロード・アーペル

    宝石の調和は驚きを生み、波打つ曲線は新しい世界の魅力を表現します。

    1976年のあるネックレスでは、彫刻の施されたトルマリンがアメジストのビーズの3本ラインに華やかな彩りを添え、一方、1972年のネックレスは、コーラル、ブラックとグリーンのオニキスの華麗な融合の上にあしらわれた大きなメダルを特徴としました。

    こうした石と石の出会いは、新しい感動を生み、作品のひとつひとつに魔力のような、それぞれに異なる個性を吹き込みます。

    シーサイド リングでは、ターコイズの明るいブルーが5.34カラットのファンシー ビビッド イエロー ダイヤモンドの太陽のような光によって引き立てられます。一方、サマーカクテル リングの明るいピンクスピネルはバイオレットサファイアとコーラルの花冠を背景に美しく映えます。

    繊細な輝きを持つイエローサファイア、マンダリンガーネット、そしてダイヤモンドはレイヨン プレシュー ネックレス上にカラーグラデーションを描きます。また、 ジップ アンティーク エレガンス ネックレスでは、オニキス、レッドコーラル、ダイヤモンド、養殖パールが気品あるコントラストを形成します。

    こちらもお勧め ピエール ド カラクテール™

    戻る