Ok

ホーム > la-maison > メゾンのエスプリ > 作品のハイライト >ブラック&ホワイト カラード セット

    作品のハイライト


    ブラック&ホワイト カラード セット

    戻る

    ハイジュエリー コレクション、バル ド レジャンドが綴る物語のひとつの章、バル ブラック&ホワイト(黒と白の舞踏会)は、1966年、ニューヨークで作家トルーマン・カポーティが催した舞踏会を想起させます。この伝説的な舞踏会から 着想を得たヴァン クリーフ&アーペルは、オニキスとダイヤモンドによる黒と白のジュエリーを生み出しました。このコレクションには、イヤクリップにあしらわれた20.65カラットと20.13カラットのブリオレットカットダイヤモンドのように、最高級のダイヤモンドが使われています。

    このイヤクリップは、スワン(白鳥)のエレガンスにもヒントを得たものです。スワンは、カポーティが女性の親友たちに対して使っていた呼び名でもあります。彼女たちの美と品位を称え、彼は“my swans (私の白鳥たちよ) ”と呼んでいたといいます。

    こちらもお勧め オニキス

    戻る