Ok

> > > >

    歴史に残るスペシャル オーダー


    ワルスカ クリップ

    戻る

    ヴァン クリーフ&アーペルの特別注文の中で最も美しいものに、95カラットのペアシェイプ イエローダイヤモンドを抱き、優雅に空を飛ぶ鳥のジュエリーがあります。1930年代、この稀少なダイヤモンドは、社交界でも有名なオペラ歌手、ガナ・ワルスカがペンダントとして所有していたものでした。

    このダイヤモンドは、1971年、サザビーズが開催したオークションで初めて世間の脚光を浴びます。

    その1年後、ヴァン クリーフ&アーペルのカタログに登場したこのダイヤモンドは、鳥のくちばしにぶらさがる形でヴァンドーム広場の上を飛ぶ姿で表現されていました。新しい所有者は1972年、自分の息子の誕生を祝うために、この類稀なダイヤモンドに、イエローゴールド、エメラルド、サファイアによる鳥を組み合わせた新しい ジュエリーの制作を依頼したのです。

    鳥はペンダントとして、
    イヤリング、クリップでも
    多機能に楽しめます

    形を変えたワルスカ クリップ - Van Cleef & Arpels
    形を変えたワルスカ クリップ

    こうしてガナ・ワルスカのイエローダイヤモンドは、神秘的な一羽の鳥によって空を舞う高貴なジュエリーとなりました。

    このダイヤモンドは、ヴァン クリーフ&アーペルの形を変えるジュエリーの伝統に従い、クリップから取り外してペンダントとして装うことが可能でした。 また、鳥も、翼の形をしたイヤリングやクリップとして楽しむことができたのです。

    こちらもお勧め バローダのマハラジャ夫人のネックレス

    戻る