時計制作の芸術


    ヴァロンヌ エナメル

    戻る


    エナメルという芸術的な技法を用いることで、文字盤のゴールド製地板に考え得る限りの様々な美しい効果を施すことができます。ヴァロンヌエナメルもそのひとつです。このテクニックは深みと微妙なトーンの変化を生み出し、デザインに動きと活気を与えます。

    このヴァロンヌ技法は、深さの異なる不規則な彫刻を施し、文字盤のゴールド製地板に模様を刻み、ボリューム感を演出するものです。各部分は、丘のようなレリーフで浮き彫りにされます。縁の近くの表面は、中央部より深く彫り込まれます。

    地板にエナメル粉末が施されると、彫り込みの深い部分の色はより濃く、表面に近い部分ではより明るくなります。 文字盤を加熱して研磨を終えると、深さの違いが絶妙なグラデーションを描く構成になります。

    こうしたニュアンスによって、文字盤に動きと輝きが付与され、命が吹き込まれるのです。

    このような特殊な工程を経て、見事なコンステレーション コレクション が誕生しました。

    エクストラオーディナリー ダイヤル コレクションへ

    こちらもお勧め カボションエナメル

    戻る