Ok

> > > >

    時計制作の芸術


    レトログラード ムーブメント

    戻る

    レトログラード ムーブメントは、ポエティック コンプリケーション コレクションの核をなす一要素です。“レトログラード”として知られるディスプレイでは、針は弧を描くようにして動き、最端まで達した時点で最初のポジションに戻り、次の計測を瞬時に開始します。こうした絶え間のない針のダンスは、文字盤にオリジナリティを与え、そこに活気に満ちたスペクタクルを展開させます。ヴァン クリーフ&アーペルは、レトログラード ムーブメントを使うことで、詩情溢れる物語を創り出し、そこに登場する二人の人物に生命を与え、はっと驚くような喜びを生み出すのです。

    レトログラード ムーブメントを搭載した腕時計の内側では、時計技師がメカニズムの部品に文字盤のデザインに関連する要素を取り入れています。繊細で小さな妖精、ふたりの愛し合う恋人たち、そして優雅な蝶が、こうしてフェアリー、ポン デ ザムルー、バタフライ シンフォニー ウォッチの中にそれぞれ入り込むこととなったのです。

    これらの陽気な主人公たちは内にこっそりと潜みながらも、それぞれにウォッチのテーマを想起し、メゾンがこれまで育んできたディテールへのこだわりにオマージュを捧げるのです。これらの小さな要素は、ヴァン クリーフ&アーペルのポエトリー オブ タイムを真に具現するものです。

    フェアリー、ポン デ ザムルー、バタフライ シンフォニー ウォッチにより、ヴァン クリーフ&アーペルは、妖精、恋人、自然というメゾンが大切にし続けているテーマを詩情に満ちた感性で表現しています。

    ポエティック コンプリケーション コレクションへ

    こちらもお勧め 24時間 ムーブメント

    戻る