Ok

ホーム > la-maison > サヴォアフェール > 時計制作の芸術 >彫刻のアート

    時計制作の芸術


    彫刻のアート

    戻る

    彫刻は、「ビュラン」または「エショップ」と呼ばれる焼戻し鋼製の鋭利な道具を使い、表面に模様を刻み入れる手法です。彫刻を施す表面には、金属、宝石、マザーオブパールなどの素材が用いられます。

    この手法には伝統的な道具を使用することが多く、職人が求める用途に合わせて作られる場合もあります。これらの道具を使い、研磨、模様またはデザインの線の強調、広範囲に渡る仕上げのぼかし、質感の表現などを行ないます。

    華麗な文字盤に
    命を吹き込む彫刻職人

    驚異の彫刻技術 - Van Cleef & Arpels
    驚異の彫刻技術
    彫刻のアート - Van Cleef & Arpels

    ごく小さな表面に彫刻的なレリーフを施さなければならない彫刻には、細心の配慮と道具の正確なコントロールが要求されるため、非常に難しい技術です。

    しかしながら、エングレービング職人のスキルは技術力だけで判断されるわけではなく、作品にボリューム感や厚みを表現し、華麗な文字盤に命を吹き込み、望み通りの詩的な物語を伝えられるかどうかも重要な観点です。


    ヴァン クリーフ&アーペルの彫刻技術をくわしくご覧ください。

    マザーオブパールの彫刻および象潤嵌技法
    宝石の彫刻およびインレイ技法

    こちらもお勧め キャビネット制作の技術

    戻る