Ok

ホーム > la-maison > サヴォアフェール > 時計制作の芸術 >宝石彫刻とインレイ技法

    時計制作の芸術


    宝石彫刻とインレイ技法

    戻る

    革新性に富む文化と芸術的な専門性への情熱に支えられ、ヴァン クリーフ&アーペルは宝石の象嵌細工を時計の文字盤に組み込むというチャレンジに挑みました。

     宝石の象嵌細工が生み出す立体感と深みのある印象は、まさに息を呑むほどの美しさです。半貴石またはハードストーン、透明またはマット、色の明度や彩度の度合いなど、可能性は無限です。

    宝石を扱う作業は高度な専門技術を要します。宝石は各種異なる耐久性を持つため、宝石職人にとっては、何年もかけて培われた技術の完璧な熟達のみが宝石の破損を防ぎ、原型となるデザインを尊重し、石の表面の正しい形成を可能にするのです。

    文字盤が見ごたえある
    魅力に満ちた風景に

    宝石を用いる作業は、高い専門性を要します。宝石はそれぞれ強度が異なるため、宝石を傷つけず、オリジナルのデザインに忠実な図柄を実現し、望み通りの表面に仕上げることができるのは、経験豊富な熟錬の職人のみです。素材により、適切な彫刻を施す必要があります。

    宝石はひとつひとつ丁寧に彫刻され、研磨を施した後に配置されていきます。まるでミニチュアのパズルさながらに、カット済みの宝石がひとつずつはめ込まれ、貴重な宝石で埋め尽くされたモザイクとなるのです。

    ヴァン クリーフ&アーペルは、カリフォルニア ランドスケープ コレクションでこの芸術的な技法を遺憾なく発揮しています。

    エクストラオーディナリー ダイヤル コレクションへ

    こちらもお勧め マザーオブパールの彫刻と象嵌技法

    戻る