Ok

ホーム > la-maison > サヴォアフェール > 時計制作の芸術 >ステンドグラス エナメル

    時計制作の芸術


    ステンドグラス エナメル

    戻る

    ステンドグラスのように、エナメルから光を透過させる精巧な技法。文字盤の上で、ゴールドのラインを境界線として描き出されるモチーフは、まさにステンドグラスの小さな窓のようです。こうしたエナメル技法は、水晶のようなガラスの透明感と金属の繊細な美しさを際立たせる、極めて難しい技法のひとつとされています。特に情景を縁取るゴールドの枠組を制作する工程は、細部にまで気を抜くことが許されない、難易度の高いプロセスです。

    レディ アーペル パピヨン オートマタ ウォッチの文字盤に広がる情景は、シャンルヴェ エナメルで装飾されています。丸みを帯びた草の葉は、グリーンからブルーのグラデーションの曲線を描くプリカジュール エナメルが用いられています。メイランにあるヴァン クリーフ&アーペルの時計工房で完成したこの技法は、エナメルによりモチーフを立体的に描き出すことに成功しました。素材の透明感とボリューム感を融合させることによって、文字盤に奥行きを生み出しています。

    こちらもお勧め Lady Arpels Papillon Automate Watch

    戻る