Ok

> > > >

    貴重な金属


    ピンクゴールド

    戻る

    ピンクゴールドはジュエリーの世界ではレッドゴールドとしても知られています。やや紫がかったピンクの輝きが、エレガントなジュエリーを明るい光沢で包みます。

    メゾンが使う18Kピンクゴールドの合金には、75%の金、20%の銅、そして5%の銀が含まれています。この合金は、ピンクゴールドの輝き、色、そして美をずっと保ち続けるためにヴァン クリーフ&アーペルによって開発されたものです。

    1920年代のエレガンスを象徴しつつ、現代的な魅力あふれるピンクゴールド

    ピンクゴールドの金塊 - Van Cleef & Arpels
    ピンクゴールドの金塊

     

    1920年代のエレガンスを象徴するピンクゴールドですが、どこか独特の現代的な魅力をもあわせ持っています。その繊細な色合いはホワイトゴールド、イエローゴールドと絶妙に調和します。「ペルレ コレクション」ではこのピンクゴールドが用いられ、その美しさを発揮しています。

    お客様に最高級のクオリティを保証するため、メゾンの職人は、ゴールドを使ったジュエリーにその純分を証明する刻印を施しています。

    フランスをはじめ多くの国では、18Kゴールドの品質を保証するものとして、ワシの頭を象った刻印が押されます。一方、イギリス、オランダ、スイスなどの国では、セントバーナード犬の顔が750(‰)の数字とともに刻まれます。

     

    こちらもお勧め ホワイトゴールド

    戻る