Ok

ホーム > la-maison > 時を越えて > ヴァン クリーフ&アーペルの伝説 >ピエール・アーペル:時を超えたエレガンス

    ヴァン クリーフ&アーペルの伝説


    ピエール・アーペル:時を超えたエレガンス

    戻る

    ピエール・アーペルは、第二次世界大戦後にヴァン クリーフ&アーペルの一員となります。彼は1949年、最高級のクオリティと時を越えたデザインによる美しい腕時計を ‐完全な秘密裏に‐ 生み出したことにより、メゾンの歴史に大切な1ページを加えることとなりました。彼は当時、“何か特別なモデル”を作りたいと考え、そして自らが生み出したそのモデルに“ピエール・アーペル”の名前を捧げます。

    当初このモデルは、ピエール・アーペルの属していた社交界の人々にのみ販売されていました。このモデルが製品化され、一般に売り出されたのは1967年のことですが、誕生以来このピエール アーペル ウォッチは、メゾンのウォッチコレクションの大切な一角を形成しています。

    彼は“何か特別な腕時計”を作りたいと考え、それに自らの名前を捧げます。

    ピエール・アーペル - Van Cleef & Arpels
    ピエール・アーペル

    イエローゴールドに白いエナメルの文字盤、そして黒いレザーストラップを使用したオリジナルモデルは、その後さまざまなバリエーションで展開されましたが、そのモデルのどれもが伝統と現代性の融合を変わらず象徴するものでした。

    薄いシルエットにエレガントな面持ちのピエール アーペル ウォッチは、その文字盤の上下に配された2本のバーと、12時と6時の位置にあしらわれたセントラル アタッチメントにより一目で認識できます。

    ピエール アーペル ウォッチは今日もなお、ヴァン クリーフ&アーペルのスタイルの真髄を如実に具現した、さりげないエレガンスの象徴であり続けています。

    ピエール アーペル コレクションへ

    こちらもお勧め ピエール アーペル ウォッチ

    戻る