Ok

> > > >

    ヴァン クリーフ&アーペルの伝説


    「ハイジュエリーという名の芸術」展

    戻る
    「ハイジュエリーという名の芸術」展 - Van Cleef & Arpels

    9月20日から2月10日まで、パリ装飾芸術美術館において「ヴァン クリーフ&アーペル、ハイジュエリーという名の芸術」展が開催され、1906年の創設から1世紀以上に渡るメゾンの歴史が明らかになります。

    ジュアン・マンク・エージェンシーの演出によりアーカイブや書類、デザイン画とともに、メゾンの名声を高めてきた400点を越えるクリエーションにスポットが当てられます。

    ヴァン クリーフ&アーペルの歴史は、「マンドール(黄金の手)」により世代を越えて受け継がれてきた数々の発明技術に彩られています。大切に守られ、想像力と自由なインスピレーションの源とが結びついたこの知識こそが、数えきれないほどの卓越したフォルムとデザインを支えてきたのです。

    この展覧会のために今回新たにすべての作品の年代が調査され、見事なクリエーションの足跡が正確に再現されることになりました。

    こちらもお勧め 2012年、上海にて「美の伝承 Timeless Beauty」展、開催

    戻る