Ok

ホーム > la-maison > 時を越えて > ヴァン クリーフ&アーペルの伝説 >メゾンの礎となったラブストーリー

    ヴァン クリーフ&アーペルの伝説


    メゾンの礎となったラブストーリー

    戻る

    ヴァン クリーフ&アーペルは常に、愛がもたらす特別な創造力からインスピレーションを受けてきました。ヴァン クリーフ&アーペルというメゾンの誕生も、他ならぬ愛がきっかけでした。

    19世紀終盤、宝石商の娘であった若い女性エステル・アーぺルと、ダイヤモンド商かつ宝石細工職人の家に生まれたアルフレッド・ヴァン クリーフが出会いました。予想をはるかに凌ぐ偉大な冒険へとつながる、類稀なるラブストーリーの始まりです。

    1895年、2人は結婚。愛し合う2人は、若さゆえの熱意、パイオニア精神、家族愛の尊重、そして宝石への情熱という多くの共通点を持っていました。

    偉大な冒険へとつながる、
    類稀なるラブストーリー

    エステル・アーペルとアルフレッド・ヴァン クリーフ、1895年 - Van Cleef & Arpels
    エステル・アーペルとアルフレッド・ヴァン クリーフ、1895年

    2人は何よりも、永遠に滅ぶことのないものを創造したいという願望を抱いていました。その望みが実を結び、ヴァン クリーフ&アーペルというメゾンが誕生したのです。1906年、アルフレッドはエステルの兄シャルルと事業を開始。シャルルは才能あるセールスマンであり、パリのヴァンドーム広場に新しいブティックをオープンさせました。2年後、ジュリアン・アーペルがメゾンに参加。1912年には、ルイ・アーペルも事業に加わりました。

    それからの数年間で、ヴァン クリーフ&アーペルは世界でも稀にみる最高級のハイジュエラーとして成長していきました。メゾンの輝かしい成功を支えているのは、エステルとアルフレッドによって育まれた愛です。その愛は、メゾンにまつわる多くの美しいラブストーリーの中で、今もなおひときわ生き生きと輝き続けています。

    こちらもお勧め メゾンの魅惑的なラブストーリー

    戻る