Ok

ホーム > la-maison > 時を越えて > 歴史的な作品 >シャポー シノワ セット

    歴史的な作品


    シャポー シノワ セット

    戻る

    1931年、パリで『コロニアル博覧会』が開催され、欧州各国の植民地の様々な文化、芸術、工芸品が展示されました。このイベントには、世界中から3,300万人も来場者がありました。同博覧会のポスターには、フランス人小説家ジュール・ヴェルヌの作品『80日間世界一周』から着想を得た「異文化との素晴らしき出会い」というスローガンが書かれ、この歴史的イベントのテーマを明示していました。ヴァン クリーフ&アーペルは同博覧会のために、フランスの極東植民地に伝わる伝統的な中国の帽子をモチーフに採用し、独創的なジュエリーセット「シャポー シノワ セット」を制作。ポリッシュ加工のゴールドがこのセットに整然とした印象と驚くほどにモダンなスタイルを付与し、ヴァン クリーフ&アーペルの大胆な創造力を雄弁に物語っています。時を超越したこの芸術作品「シャポー シノワ セット」は、2000年にリニューアルされました。

    コロニアル博覧会は、ヴァン クリーフ&アーペルにとっても図像を更新させる機会となり、カンボジアの黒檀や、アフリカからインスピレーションを得たアイボリーやコーラルのジュエリーといった独自の解釈が誕生しました。このうち数点は、社交界の有名人だったフローレンス・ジェイ・グードが購入しました。


    戻る