Ok

ホーム > la-maison > 時を越えて > 歴史的な作品 >ミステリークロック

    歴史的な作品


    ミステリークロック

    戻る

    19世紀、フランスの有名な奇術師、ジャン・ウジェーヌ・ロベール・ウーダンは、幻影と科学、そして時計技術への情熱を融合させ、時計のメカニズムが外からは見えない「ミステリーウォッチ」の原型を生み出しました。この種の時計における「ミステリー」は、その文字盤にあります。クリスタルの板で作られた文字盤の中に数字と針が閉じ込められ、そのクリスタルの板は歯のある金属の縁の内側に取り付けられていて、装飾を目的とした土台に隠されたメカニズムによって動くようになっています。 1926年、ヴァン クリーフ&アーペルは、ポルティック ジャポネとウルス ド ジャッドの2つの置時計を通じて、この輝かしき発明家にオマージュを捧げました。

    ミステリークロックは
     
    幻想と科学、
     
    時計制作技術の融合

    ポルティック ジャポネ クロック、ヴァン クリーフ&アーペル コレクション、1926年 - Van Cleef & Arpels
    ポルティック ジャポネ クロック、ヴァン クリーフ&アーペル コレクション、1926年

    メゾンは1998年、常に垂直方向で1回転する文字盤を備えた極めて神秘的なガリレー クロックを発表し、幻想的な世界の創出を続けます。2300石以上の燦然たるダイヤモンドをまとった大きな熊が、クリスタルの月の下を円を描くように回転します。 空の様子を描いたこのミステリークロックは、ガリレオへのオマージュであり、ヴァン クリーフ&アーペルのポエトリー オブ タイムの優美な表現です。

    こちらもお勧め ヴァン クリーフ&アーペルの時計制作の始まり

    戻る