“LIGHT OF FLOWERS ハナの光” バーチャル エキシビション

ヴァン クリーフ&アーペルは、2021年4月22日から5月9日まで、代官山T-SITE GARDEN GALLERYにて、華道家の片桐功敦氏とのコラボレーションによるエキシビション “LIGHT OF FLOWERS ハナの光”展を開催しました。

 

メゾンのクリエイティブな世界から着想を受け、華道家の片桐功敦氏がインスタレーションを制作。日本の情趣あふれる幻想的な空間の中で、ヴァン クリーフ&アーペルの作品と自然の調和を楽しんでいただきました。はかなくも力強いいけばなの花の庭園を、展示と並行して開催されたトークイベント“My Vision of Flowers” (私にとってのハナ)で講演したアーティストの言葉を交え、バーチャル上でご紹介します。

 

バーチャル エキシビションを見る

片桐 功敦

華道家・片桐功敦氏のいけばなスタイルは、伝統的なものから現代美術的アプローチのものまで多岐にわたります。片桐氏はさまざまな分野のアーティストとのコラボレーションや、「いけばな」をテーマにした執筆活動を幅広く行っています。野に咲く小さな草花から、長年のテーマである桜を使った大規模なインスタレーション作品まで、その芸術性は花を通して空間を演出しながら、いけばなの原点である「アニミズム」的な側面を深めています。

  • ローズ ド ノエル クリップを持つ片桐功敦氏、ヴァン クリーフ&アーペル

    ローズ ド ノエル クリップを持つ片桐功敦氏

  • 片桐功敦、ヴァン クリーフ&アーペル

    片桐功敦

Flowers

自然はメゾンのインスピレーションの源のひとつであり、作品に生命力と詩情あふれる優美さを吹き込んでいます。植物の世界を活気づける絶え間のない変容に魅了されたメゾンは、植物が持つ無限の形とニュアンスを再現し、ブーケの軽やかさや野生の草花のさわやかさを形にしてきました。まばゆいばかりの永遠の春の中で、ポピーがヒナギクと語り合い、鈴蘭が桜と交流する様子が、ヴァンドーム広場にあるアトリエで働く“マンドール(黄金の手)”と呼ばれる職人たちによってジュエリーへと姿を変えていきます。

ローズ ド ノエル、フリヴォル、ロータス、エクストラオーディネール ダイヤルなど、現在、数多くのコレクションで誇り高く花々が表現されています。宝石とダイヤモンドで作られた花冠がメゾンの庭園のあちらこちらで咲き誇っています。