「ピエール プレシューズ〈貴石〉」展、パリ国立自然史博物館にて開催

現在の感染状況の悪化により、GEMS展は10月30日から12月1日まで休止となります。感染状況の改善が見られ次第、再開を検討いたします。それまでの間、こちらのたぐい稀な宝石やジュエリーの世界をお楽しみください…

 

科学と創造性との対話が育まれるこの展覧会では、パリ国立自然史博物館が誇る約500点の鉱物、宝石、オブジェとともに、ヴァン クリーフ&アーペルによる200点以上ものジュエリーが展示されます。

 

詳しくはこちら

地球の歴史、サヴォアフェールの歴史

地球の誕生と進化を目撃してきた、隕石、岩石、水晶、化石などが一堂に会します。 宇宙物質から形成された地球は、隕石の衝突や大陸漂流などの地下運動を受けて、多種多様な鉱物を保有するようになりました。

 

鉱物学、宝石学、宝飾品の密接な関係にスポットライトを当てたピエール プレシューズ〈貴石〉展の第1部では、パリ国立自然史博物館のコレクションから選ばれた約30点の類稀なるオブジェやジュエリーピースをご紹介します。 多様な嗜好、流行、芸術の潮流を超えて、宝飾技術が描き出す文化の歴史をその起源から現代に至るまでご覧いただきます。

鉱物からジュエリーへ

約36の展示ケースには、鉱物や貴金属、宝石、ジュエリーが並んで展示される一方、7つのジュエリーケースにはメゾンのコレクションからの作品が飾られています。 科学と芸術の創作をつなぐ宝石学にスポットライトを当てる展示です。

Press and Hold
  • Raw aquamarine, "Gems" exhibition, Van Cleef & Arpels