ハイジュエリー

温かな抱擁のようなルドブレスレットの輝くゴールドが、手首の周囲を優雅に照らし出します。

クチュールとハイジュエリーの世界の融合は、メゾンの歴史を通じて貫かれる共通のテーマです。1934年に誕生したルド ブレスレットはこのふたつの世界の結び付きへのオマージュ。ルイ・アーペルのあだ名にちなんでつけられたこのブレスレットのデザインは、高貴なベルトのようにしなやかです。ブレスレットのラインは、クチュールの世界のオーソドックスなスタイルを称えます。ベルトがシルエットを美しく強調するように、ルドは手首のなだらかな曲線を優美に際立てます。

アールデコ様式のモチーフと抽象的な形状に強調されたこのブレスレットは、その起点となるデザインに忠実でありながら、自らの中に絶えず新しさを見出してきました。

ルド ブレスレット、イエローゴールド、サファイア、ラピスラズリ、ターコイズ、ダイヤモンド。

ルド ブレスレットのメッシュは、メゾンの職人により“ハチの巣”、あるいは“レンガ”風のモチーフで緻密に織られ、しなやかなリボンの効果が創出されています。またメタルにあしらわれた貴石やハードストーンが美しい調和を生み出します。

1930年代のスターであるルド ブレスレットは、メゾンの歴史の中で生き続けてきたミノディエールやミステリーセットに代表される数々の創造と同様に、新しい時代を称える存在です。そこに共存するのは革新とフランスのエレガンス。コレクションのミューズであり、ルイの妻であるエレーヌ・アーペルはこのブレスレットを手袋の上に、あるいは長袖の上に着けてそのラインを強調させました。

  • ルド ブレスレット、ルド コレクション、ヴァン クリーフ&アーペル
アトリエで生まれるルド コレクションのメッシュ構造
スターセッティング、ルド コレクション、ヴァン クリーフ&アーペル
六角形のメッシュの組立、ルド コレクション、ヴァン クリーフ&アーペル
ダイヤモンドのセッティング、ルド コレクション、ヴァン クリーフ&アーペル
最終のポリッシュ仕上げ、ルド コレクション、ヴァン クリーフ&アーペル

ルドの大胆なモチーフと力強いラインが時代を通じてどのように変化してきたかに気付かれましたか?その時を超えたデザインは、リング、ウォッチ、そしてラペルピンに展開されました。

  • ルド ブリケット ブレスレット、1934年、イエローゴールド、サファイア、エナメル、ダイヤモンド。かつてサシャ・ギトリが所有、ヴァン クリーフ&アーペル コレクション

    ルド ブリケット ブレスレット、かつてサシャ・ギトリが所有、1934年

  • ルド ブレスレットのデッサン(1946年頃)、ルド コレクション、ヴァン クリーフ&アーペル

    ルド ブレスレットのデッサン(1946年頃)