迷子の子犬さがしにご参加ください

 

インテリアデザイナーのコスタス・ヴォヤドジスが、このたびヴァン クリーフ&アーペルの歴史を彩るアニマルブローチのひとつ「Precious Puppy」を探してくれることになりました。コスタスは自身のソーシャルメディア上でハッシュタグ#MissingPreciousPuppyを拡散し、ジュエリーを愛する皆さまの関心を集めています。また、メゾンは5月10日から6月5日にかけて世界規模でのデジタルキャンペーンを展開する予定です。

この子犬の物語は、1954年にさかのぼります。この年にヴァン クリーフ&アーペルは、より幅広い人々に手の届く価格のジュエリーとして、ヴァンドーム広場22番地で「ラ ブティック」コレクションを発表しました。このカートゥーンスタイルでさまざまな動物を描いたコレクションは、メゾンの作品にこれまでにない遊び心を添えました。その中のひとつ「Precious Puppy」は、イエローゴールドをメッシュ状に編んで形づくった体に、エメラルドの目とブラックオニキスの鼻があしらわれています。

5月5日から5月9日まで、専用サイトhttp://missingpreciouspuppy.yatzer.com/でスペシャルプレビューがご覧いただけます。このサイトでは、世界中で展開される子犬さがしの手がかりや状況、そして「Precious Puppy」の物語とその仲間たちをご紹介しています。

 

VCA-News-MissingPuppy-280x328