Ok

ホーム > メゾンについて > メゾンのノウハウ > "黄金の手" >アルハンブラのメイキング

    "黄金の手"


    アルハンブラの
    メイキング

    戻る
    アルハンブラの制作
    アルハンブラの制作

    1968年にヴァン クリーフ&アーペルは、有名なモチーフの繊細なラインとイエローゴールドが溶け合う最初のアルハンブラ ロングネックレスを制作しました。 アルハンブラは宝石という枠を越えて、幸運を象徴するメゾンのアイコンとなり、時を越えて卓越したコレクションを築き上げています。

    ヴァン クリーフ&アーペルの卓越した伝統を反映させながら、アルハンブラは時とともに常に再生を続けています。無限のカラーバリエーションを持ち、幸運のシンボルとなる天然素材を用いて、バラエティ豊かに展開しています。

    宝石細工職人、ジュエリー職人、セッティング職人、研磨師、それぞれに違う技術を持った職人たちがひとつになって素材の選定から制作そして最終検査までの一貫した作業を行うことにより、アルハンブラ ジュエリーに命が吹き込まれるのです。

    こちらもお勧め

    戻る