Ok

ホーム > メゾンについて > 時を越えて > ヴァン クリーフ&アーペルの伝説 >ジュエリーと宝飾芸術の学校

    ヴァン クリーフ&アーペルの伝説


    ジュエリーと宝飾芸術の学校

    戻る

    ァン クリーフ&アーペルは、ジュエリーの世界の秘密に光を当てた学校を創設しました。アマチュアの方、コレクターの方、プロの方などに向け、毎月フランス語と英語にて、「ア・ラ・カルト」のコースをご用意いたします。各コース最大20名まで、2~4時間の中で展開されます。夕方のコースは、70歳までのご年齢の方を対象としています。

    レコールは、コース、カンファレンス、海外への旅といった3つのテーマのアプローチをしていきます。ジュエリーの芸術史、宝石の世界、そして「サヴォアフェール」です。一般の学校の休暇期間中は、特別に、5歳~17歳のお子様から学生を対象としたワークショップを毎回開催しています。

    ヴァンドーム広場の象徴的な位置に居を構えるレコール。実際に石に触れることのできる宝石学のワークショップ、制作の体験ができるジュエリーのワークショップ、グワッシュの技術を学ぶことができるデザインスタジオ、「ジュエリーの芸術史」のための2つの教室、カンファレンスルーム、そして、400以上もの貴重な書物をそろえるライブラリ―を備えています。

    教育的ミッションの元、技術の伝統と革新を探求していくため、レコールはフランスと日本に4つのパートナーシップを組んでいます。(装飾芸術美術館、国立自然史博物館、レンヌ第二大学、エコール・ブール国立工芸学校、京都造形芸術大学)

    レコールは、複数の文化的プロジェクトに参加し、調査や教育の面で協力しています。文化を拡散させ、伝達し、教育するというその価値を再認識しています。

    レコールの公式サイトから定期的に発行されるポッドキャストのビデオをお楽しみください。

    「タッチウッド」という言葉はどこから来たのでしょうか?宝石はどのように生まれるのでしょうか?何百年もの間、フェザーが芸術をインスパイアし続けているのはなぜでしょう?モゴックの谷から採れるルビーは何が特別なのでしょう?レコールの講師はそのような疑問に答え、さらなる秘密を解き明かす旅にお連れします。

    レコール ヴァン クリーフ&アーペル公式サイトはこちらから 

    こちらもお勧め ヴァンドーム広場22番地

    戻る