Ok

ホーム > メゾンについて > 時を越えて > ヴァン クリーフ&アーペルの伝説 >銀座本店特別ディスプレイ

    ヴァン クリーフ&アーペルの伝説


    MASARU OZAKI
    銀座本店
    特別ディスプレイ

    戻る

    ヴァン クリーフ&アーペルは、2017年 3月1日(水)から4月18日(火)まで銀座本店のウィンドウに優しく温かい光で春を感じさせるアートディスプレイを映し出し、訪れる人々に特別な春の夜をお届けします。

    自然から多くのインスピレーションを得てきたヴァン クリーフ&アーペルは、光のアーティストMASARU OZAKI氏の“自然との関わりを思う”アートプロジェクトに共鳴し、詩的な光のアート作品“Tsubomi” を銀座本店に映し出します。

    モーショングラフィックスをデザインの原点としながら、独自の世界観をクリエイティブに織り込む光のアーティスト、MASARU OZAKI。2010年上海万博日本館に作品が展示され、2014年には光を操る世界のアーティスト50名に唯一日本からの作品「CHAIR(2008)」が収録されるなど、その活動はワールドワイドに広がっています。

    アートコラボレーションディスプレイ 詳細:
    場所:ヴァン クリーフ&アーペル 銀座本店1階
    期間:2017年3月1日(水)~ 4月18日(火)
    時間:20:30 ~ 26:00(深夜2時)

    アーティストやプロジェクトの詳細は右記をご覧ください: http://lighttree-project.com


    戻る